外国人技能実習制度における介護技能実習評価試験 一般社団法人シルバーサービス振興会

試験評価者の募集

Ⅰ. 試験評価者とは

試験評価者は、技能実習生に対し習得すべき技能が移転されているかどうかを適正かつ公正に評価するため、試験の準備や試験の監督、実技試験の評価等の業務を行う者です。

  1. 【試験評価者の資質】
    平成28年度 厚生労働省 社会福祉推進事業にて設置された検討委員会において、介護技能実習評価試験の試験評価者の資質として

    ・「介護」及び「介護現場」に精通し、エビデンスに基づく高い専門知識を持っていること
    ・利用者(要介護者)の状態像に応じた、身体介護技術を有すること
    ・利用者(要介護者)の状態像に応じて、必要とされる介護内容の把握が適切に行えること
    ・技能実習生の介護行為について、その介護行為が利用者の状態に応じたものであるかを見極める判断力を有すること
    ・行われている介護行為に対する、観察力を有すること
    ・公平・中立な立場で、客観的に判断することができること
    ・技能実習制度において試験評価者に求められる要件をみたすこと等

    が求められ、これらを満たす者として、介護プロフェッショナルキャリア段位制度の評価者(アセッサー)の持つスキルを活用することが適当とされました。これについては、関係団体により構成された「技能実習制度への介護職種の追加に向けた準備会」において業界としての総意を得、さらに厚生労働省人材開発統括官が参集する「技能実習評価試験の整備等に関する専門家会議」で了承されています。
  1. 【試験評価者の要件】
    介護プロフェッショナルキャリア段位制度の評価者(アセッサー)資格を有する者を対象とした、介護技能実習評価試験の「試験評価者養成講習」を受講し、これを修了した者を試験評価者とします。

    ※平成24年度〜27年度介護プロフェッショナルキャリア段位制度の外部評価審査員も含まれます。

試験評価者の要件と養成プロセス

Ⅱ. 試験評価者登録者数

2019年8月27日時点

日本全国地図
都道府県 試験評価者数(人)
北海道 43
青森県 5
岩手県 19
宮城県 12
秋田県 7
山形県 2
福島県 13
茨城県 20
栃木県 16
群馬県 19
埼玉県 20
千葉県 26
東京都 108
神奈川県 47
新潟県 5
富山県 19
     
都道府県 試験評価者数(人)
石川県 9
福井県 8
山梨県 5
長野県 19
岐阜県 19
静岡県 26
愛知県 41
三重県 14
滋賀県 7
京都府 14
大阪府 62
兵庫県 36
奈良県 15
和歌山県 6
鳥取県 18
島根県 2
     
都道府県 試験評価者数(人)
岡山県 16
広島県 86
山口県 13
徳島県 11
香川県 8
愛媛県 17
高知県 10
福岡県 38
佐賀県 10
長崎県 16
熊本県 22
大分県 18
宮崎県 8
鹿児島県 25
沖縄県 18
合 計 998

Ⅲ. 試験評価者登録後の変更等手続き

試験評価者として登録後、登録内容に変更が生じた場合や取消をする場合には、「登録情報変更届兼登録証再発行申請書」または「登録取消申請書」にて届け出をお願いします。お名前の変更があった場合または、登録証の紛失・破損等があった場合は、「登録情報変更届兼登録証再発行申請書」にてご申請のうえ、再発行の手続きとなります。再交付事務手数料は別途必要となります。