シルバーマーク制度について 申請までに必要な準備

シルバーマークの申請には、マニュアル作成、人員配置をはじめサービス体制の整備が必要です。

1.マニュアルの作成

シルバーマークの主な認定基準では、サービスマニュアルの作成と、それに基づくサービスの実施が義務づけられています。サービスの内容や手順、注意事項などを明記したマニュアルを申請時までに準備しましょう。

2.職員の配置

シルバーマークの主な認定基準には、各種サービスごとに看護士や栄養士などの有資格者や指定研修を終了した専門職(福祉用具専門相談員など)を配置するよう規定されています。規定に従った配置を行ってください。

3.研修の実施

職員採用時(または配置時)には、各種サービスごとに必要な従事者研修を、シルバーサービス振興会の指定研修機関等において実施することが義務づけられています。研修の内容は、職業倫理や専門知識の講義、実技・実習、マニュアルの理解などです。

4.必要な物的体制の整備

各サービスごとに必要な設備等の物的体制の整備が必要です。例えば事務所、店舗および品ぞろえ(福祉用具販売サービス)、移動入浴車(訪問入浴介護サービス)、保管庫・消毒設備(福祉用具貸与サービス)などです。

5.申請費用

申請事業者は、書類を提出し申請受付可能の連絡を受けたら、申請手数料46,224円(本体価格42,800円+税8%)をシルバーサービス振興会に支払います。このほかに、認定あるいは検証に必要な実地調査費を実地調査終了後に、またシルバーマークに認定された事業者は認定手数料を支払います。

6.申請書類の作成

シルバーマーク申請時に必要な書類は、以下のとおりです。

  1. 事業概要報告書
  2. 組織概要報告書
  3. 登記簿謄本
  4. 事業所一覧表
  5. 事業者の事業経歴書
  6. 決算報告書(直近時のもの)
  7. 事業実績報告書(事業所概要・実績報告書)
  8. 事業計画書
  9. 代表者の確認書
  10. 事業所職員名簿
  11. 代表者の履歴書
  12. マニュアル
  13. パンフレット等
  14. 利用者との契約書のひな型
  15. 自己評価関係帳票のうち評価・改善結果一覧表
  16. 業務の一部を他に提携・委託している場合は、その契約書(福祉用具貸与、福祉用具販売、在宅配食サービスのみ対象)
  17. 申請事業者の有する店舗における福祉用具の品ぞろえ状況ならびに店舗の構造、面積に関する書類(福祉用具販売サービスのみ対象)
  18. その他

ページの先頭に戻る